債務整理をすればその種類は問わず

債務整理をすればその種類は問わず、JICCやCICなどの個人信用情報に記載されるのは間違いありません。
ですから新たなローンの申し込みは出来なくなるのはもちろん、既に所有しているクレジットカード等も使えなくなります。
それから、クレジットカードを新しく作成することもできないでしょう。
しかし既に契約済みの借り入れは、自己破産しないかぎり債務を返済する義務は残っていますので、支払いそのものは継続します。
複数の方法が債務整理にはありますが、個人再生や自己破産で借金を処分したのなら、名前と住所が官報に載ります。
官報は国の発行している新聞のようなもののことで、もし自己破産をしたのであれば二度公告され、個人再生をしたのなら、合計で三度、官報に公告されることになります。
掲載される期間は1ヶ月程度と言われていますが、身近なものではありませんし、ほとんどの人は閲覧しません。
なお、任意整理をした人はそもそも裁判をしないので、官報には載りません。
債務整理全般に共通することですが、司法書士や弁護士等からの受任通知が届いた時から、取立て、催促といった行為はいったん中止しなければなりません。
とはいえ、任意整理の場合はこうした期間中に債権者が裁判所に訴えることも多いです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク