利息と将来利息を免除

現在発生している利息と将来利息を免除してもらい元金のみに限って返済していく方法が、任意整理という債務整理の手段の一つになります。
債権者と談判して、話がまとまったならば、支払総額は利息がなくなる分減るので、月々に返済しなければならない額を軽減できます。
ですが、元金のカットがなければ返済が困難な人は、別途個人再生という方法をとって債務整理を行う事になります。
どうにか借金を整理したいのに所有しているクレジットカードを失うことになるのは避けたいという場合は、任意整理という方法で債務整理を行うことにすれば持ち続けられることもあります。
任意整理は任意の債権者を選定して整理が可能な制度のため、残したいカード会社を除いた債権者とだけ任意整理を行えばカードを失わずに済みます。
とは言え、任意整理を行うことで信用情報は傷つく為、カードの更新の際はそれを根拠に利用停止となる見込みが高いでしょう。
債務整理は、弁護士に依頼した方がいいかもしれません。
もちろん、司法書士でも債務整理は可能ですが、債務額が1社あたり140万円以上の場合は担当できないという決まりがあります。
弁護士の場合はこうした制限は設けられていませんから、大きな借金がある人も安心ですし、裁判での心証がプラスになります。
もし、取り立てが繰り返されているようなら、弁護士であれば手続きをとったその日の内から債権者からのしつこい取り立てを止めてもらうことも不可能ではありません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク