結婚前に債務整理をしている人

結婚前に債務整理をしている人は、一緒になった配偶者の苗字になったからといって金融機関のローンが利用できるようになる訳ではありません。
金融機関が審査を行う時には複数の個人情報から信用情報を調べるのです。
つまり、名寄せを行っています。
ですので、苗字が変わった程度では独身時代からのブラックが続くことになります。
家族にわからないように債務整理をするのは方法によってその難易度が変わってきます。
仮に任意整理をするなら全ての手続きを自分でどうにかしようとしなければ家族に勘付かれることはごく稀です。
ですが、世帯収入や資産を公開する手続きが必要な個人再生や自己破産の場合は、隠し切るのは至難の業です。
債務整理を行う方法が何であっても、職場に対しては隠しておけます。
どの仕事でもそうですが、弁護士や司法書士と名のつく人たちでも、その分野の実績値は同じ年齢でも異なります。
個人の債務整理については素人同然の弁護士もいる位ですから、安易に依頼せず、それなりの実績のある弁護士(司法書士)を探すことが大事です。
時代を反映してか債務整理専門の看板を掲げている司法書士や弁護士事務所なども増えていますから、そのようなプロに任せる方が安心でしょう。
いわゆるブラックリスト入り、つまり事故情報が信用情報機関に記録されてしまうことと、自己破産や個人再生では個人情報が官報に掲載されてしまうことが債務整理をする上でのデメリットと言えます。
ですが、一定期間が過ぎれば事故情報の記録は消えますし、官報をいつもいつも読んでいる人などほとんどいません。
あとは、借金に際して保証人を頼んでいる時はその人がとても迷惑を被る事態は否定できません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク